安全建設気象KIYOMASA

地方情報

暴風雪に関する北海道地方気象情報 第4号
平成31年2月8日10時25分 札幌管区気象台発表

北海道地方では、引き続き8日夜遅くまで、ふぶきや吹きだまりによる交
通障害、強風、高波に注意してください。


<気象概況>
北海道地方では、8日は冬型の気圧配置が強く、気圧の傾きが大きい見込
みです。


<防災事項>
日本海側の風のピークは過ぎましたが、北海道地方では、引き続き8日夜
遅くにかけて、雪を伴った西または北西の風が強く、海はしけるでしょう。
ふぶきや吹きだまりによる交通障害、強風、高波に注意してください。
なお、8日9時に札幌の上空約1500メートルで、1957年の統計開
始以来最も低い氷点下24.4度を観測しました(速報値)。北海道地方で
は、日中でも気温の低い状態が続くため、屋外での活動や水道凍結、農作物
の管理、船体着氷に注意してください。


<風の予想>
8日の最大風速(最大瞬間風速)
北海道地方 西または北西の風
海上 18メートル(30メートル)
陸上 18メートル(30メートル)


<波の予想>
8日の波の高さ
日本海側、太平洋側西部 4メートル
その他の海域 3メートル

引き続き、地元気象台や測候所の発表する防災気象情報に留意してくださ
い。
これで、北海道地方気象情報を終了します。

TOPページ
(C)2009 LBW
ログアウト